「りんかねーしょん☆新選組っ!」補完ページ


クソゲー・オブ・ザ・イヤーinエロゲ板。
毎年、住人が奇作珍作を発掘しては文学者顔負けの皮肉とセンスに満ちた評価を出す場である。
斯く言う私も、住人としてスレを眺めつつ1年の魔が潜む年末を楽しみにしている。

時は2009年。
前作の(特にベンチマークの)評価の高さがアダとなり改悪続きで華麗な失墜を遂げた「タイムリープぱらだいす」。
作画的な問題でご覧の生首だよ、の名台詞を爆誕させた上に後日対応で外道を魅せた「ひしょ×ひしょ」。
内容の未完成さと投げっぱなしジャーマンの如く回収しない伏線のみゲームのままスレに舞い降りた「MQ 〜時空の覇者〜」。

これら数ある強豪を差し置き、大賞に輝いてしまった作品がある。

りぷる「りんかーねーしょん☆新選組っ!」

曰く「ニュータイプ育成用ゲーム」。曰く「ヒエログリフを読み解いてるよう」。曰く「エスパーしか楽しめない」。
大賞入選総評でも
「難解かつ説明不足な超展開シナリオの一点のみで他の作品群と渡り合ったりんかねのストロングスタイルは一種の爽やかさすら感じる」
と住人が謎の満場一致で絶賛するほどの内容であるとのこと。


そして、1人の男が立ち上がる。

「設定は実に面白そうだし、どこまで理解できるのかやってみよう」

演出も脈絡もなく挿入される主人公のフラッシュバック。
突然出てくる補足されない謎設定。
ライターの本気と言わんばかりのミスリーディングを誘う全体的なテキスト。
どんどん彼はこのゲームに引き込まれていった。

4日後。
「……クッソ難解だけど、面白かった……ちょっとフローチャート作るか……」

2週間後。
「こんなん作ったんですけど掲載してもいいですかね」
WEB担当さん「……ライターより遥かにまとまってると思います

そんなわけで、公式から許可もお墨付きもいただけたので、フローチャートを掲載させていただきます。
尚、本フローチャート等は公式の方で許可をいただいてアイコン等を使わせていただいております。
無断転載等は固くお断りしております。










以降、ゲームのネタバレというかほぼ全容が含まれます
気になる人は見ないで下さい。というか、見る気のある人以外そもそもここ覗いてない気もしますけど。










ストーリー内での時間的な流れとしては、
「前世」→「現代分岐前」→「弓枝ルート・時音ルート・ミシュリーヌルート」→「REGENERATION編」→「REINCARNATION編」
となっております。概ね上から順に見ていただけると流れとして理解できると思います。

本フローチャートはあくまで作者の理解の話です。
公式からは許可をいただいたのみなので、内容が完全に正しいとは限りません。悪しからず。



























私的総評

「面白い……はずなんだ……はずなんだよ……!!」
私がこのゲームを手に取るきっかけとなったのは、友人のモヤシ氏の言葉が最初となりました。
なんだよ面白いって言っといて内容聞いたら理解不能って……。みたいな。
面白いって言われた物に対して過剰な拒絶反応する天邪鬼の私が食いつかないはずがありません。

というわけで私が本作をプレイして、個人としての感想やら思ったことです。
確かに噂通り、難読箇所が尋常じゃなく多い作品でした。
とにかく時間軸の入れ替わりやら何やらが激しい中で、人物の入れ替わりも入るルートでは重複し本当のカオスに。
特にミシュリーヌルートとREINCARNATION編の難解さは随一でした。

しかし、物語としての面白さも間違いなく上記の2ルートがトップクラスだと思います。
REINCARNATION編では全時間軸の娘が来る場面では、全娘の立ち絵が描き下ろしされていたりと熱い演出も。
イラストレーターさんの愛すら感じました。シナリオライターさんの放つ黒いオーラを背に。
絵柄は私個人としては好みなのですが、重いシナリオには些か幼いような。

ティッシュ握ってステンバーイしてる人視点で見れば間違いなくクソゲーです。
中身理解してる内に股ぐらの血液が脳みそに流れ込むこと間違いなしです。子種の節約になりますね。
200行近いメモを取りつつ、逐次バックして流れを補足することがコツってノベルゲームとしても如何なものかと。
設定そのものは比較的王道と言えるもので、決して悪くはないと思います。
やはりライターのkozakana先生の文体が成せる世界観ではないのかなあと。
このゲームですっかりkozakana先生のファンになってしまいました。次回作を強く期待しております。

ゲーム自体はほとんどバグはありません。クソゲーオブザイヤーinエロゲ板的には。
ちょっとCGモードが埋まらなかったり、たまにフリーズするぐらい微々たるものです。
音楽はクラッシックのアレンジが中心でどこかで聞いたことある感がすごいです。
嫌いじゃないですけど、そこまで印象に残るほどでもない感じでした。
OPは榊原ゆいさんで割と好みな感じでした。由緒正しいエロゲ王道曲っぽい感じ。
肝心のエロは抜きゲーではないとしても、少ないような気はします。
いや、数字的には少なくない気がするので、物語のボリュームが凄くて負けてると言うべきか。
子供の頃のカレン凄い可愛いのにルートがなかったのは壁ドンものでした。なんでや……。

要素要素で見れば決して悪くないゲームではあります。
もしこのページが、少しでも興味を持っていただけた方がゲームを手にするきっかけとなれば。
それでkozakana先生のシナリオのお仕事が増えればいいなあと割とマジに思ってます。


これまで、ラストリベリオンなど幾つかクソゲーと呼ばれるゲームを手にして来ました。
しかし、この新しい感覚。この高揚感。ゲームを攻略している4日間は毎日が輝いて感じました。
実に充実した日々を与えてくれたりぷるスタッフの皆様にありがとう、と総評の締めに添えておきたいと思います。

次回作に期待って言ったけど、りぷる新作kozakana先生じゃなさげでちょっとがっかりしたのは秘密




本フローチャート作成でお世話になったところ

・りんかーねーしょん☆新選組っ!
りんかねーしょん☆新撰組っ!
・りぷる公式ウェブサイト


・内容整理の際に参考にさせていただいたサイト
伝統攻撃 RmG氏

・考察の際にお世話になった
モヤシ氏


・これら作った奴
幾枝 風児

inserted by FC2 system