声が聞こえた。

幾千の光と、幾億の闇と、無数の無意識が呼んでいた。

言葉にならない叫びが、夢を世界に変える。

「我に従え、さもなくば抗え」

声は自らが創造した世界に反逆する。

世界はとても儚い。あまりにも淡く、あまりにも透明なんだと。

悪夢。凶禍。厄災。それは現実。

「我が存在は虚無。されど、無限永遠共に在り」

それでも、往こう。例え、無限永遠が立ち塞がっても。

矛盾。絶望。空虚。それも現実。

声が、声が、声が。

―――嗚呼、嗚呼。終焉が呼ぶ方へ―――





































































ネタイラストかと思ったか!?寅だよ!!(挨拶)

まあ色々あって、珍しくまともなイラストが看板絵ですよ。理由はあとがきを参照していただければ。
毎度お馴染みのテンション高めで礼節低めの幾枝 風児がお送りしております。


今回は「第8回博麗神社例大祭」とその後の諸々に関するレポートです。
まあ読んで下さる方々にはもう説明は不要かと思われますが、一応説明をば。
例大祭とは、東京ビッグサイトで行われる東方Projectオンリーの即売会イベントです。
色々あって延期したりと一悶着ありましたが、無事開催されてよかったです。日付をもっと考慮してくれたら学生としては助かったのですが。

今回は漫画レポートになります。「風」がとれたからと言って前回のレポートと大差はないのですが。
描く度に言ってる気がしますけど、漫画家ってマゾヒストばかr……じゃなくて、本当に凄いと思います。
イベント後から完成まで2ヶ月という前例にないタイムラグがあります。前例はどんどん更新されてますが。
忘れていることが多々あります。それはもう山ほど。
なので、色々と書き忘れや記憶違いがあるかもしれません。
何か間違いの方ございましたら私の方に連絡いただけると幸いです。

それでは、稚拙な絵ではございますが最後まで読んでいただけると幸いです。


余談:相変わらず冒頭の文章は特に意味はないです。厨二っぽい文章が書きたかっただけです。暇な人は考察してみて下さい。

余談2:看板絵のタイトルなし差分はこちら



1P目

あとがき


戻る(Crystal Amberへ)

inserted by FC2 system